中小企業および企業向けデジタルマーケティングの10の利点

中小企業向けデジタルマーケティングの利点は何ですか? デジタルマーケティングは些細なことだと考える人も少なくありません。おそらくあなたもその一人です。

実際、2014年以降、インターネット上の広告は、テレビおよびケーブルテレビネットワーク上の広告よりも優れています。 たぶん今の比較は非常に遠いです。

マルチチャネルのデジタルマーケティングは急速に増加しており、従来の広告をはるかに超えています。 さらに、世界中の大きなブランドは、デジタルマーケティング戦略を使用して非常に複数形です。

では、中小企業事業についてはどうでしょうか?

デジタルマーケティングは複雑で非常に複雑であると考える中小企業は非常に多くいます。 実際、デジタルマーケティングは、思っているほど複雑ではありません。 まさに、デジタルマーケティングが簡単であり、中小企業ビジネスに大きなメリットをもたらします。

別の記事: 効果的な製品プロモーションで売り上げを増やす方法

以下は、SMEビジネスにおけるデジタルマーケティングの10の利点です。

1.オンラインで消費者とつながる

目次

  • 1.オンラインで消費者とつながる
  • 2.売り上げのコンバージョンはずっと高い
  • 3.費用対効果の高いマーケティング
  • 4.インターネットを介してリアルタイムで顧客にサービスを提供できます
  • 5.モバイルユーザーにリーチする
  • 6. ROIが高くなる
  • 7.ビジネス競争における地位の維持
  • 8.収益を増やす
  • 9.大企業と競争できる
  • 10.モノのインターネット時代に向けて中小企業を準備する
  • 消費者信頼感のレベルを見てください

消費者が印刷媒体を介して製品情報を探していた場合、消費者はもはや存在しません。 今日、ほとんどの消費者はオンラインでこの情報を検索することを好みます。なぜなら、この情報はより簡単で高速だと考えられているからです。

幸いなことに、現在、デジタルマーケティングメディアとして使用される多くのチャネルがあります。 そうすることで、中小企業はオンラインでより簡単かつ迅速に見込み顧客にアプローチできます。

2.売り上げのコンバージョンはずっと高い

さまざまなデジタルマーケティングチャネルを通じて、SMEビジネスはターゲットとなる潜在的な顧客にリーチできます。 たとえば、検索エンジンを通じて。

対象顧客とは、中小企業が提供する製品を必要とし、検索エンジンを介してそれらを探している人々を意味します。 一般に、検索エンジンからの見込み顧客は非常に高いコンバージョンを持っています。

3.費用対効果の高いマーケティング

デジタルマーケティングのコストを従来のマーケティングと比較すると、平均的な起業家は、デジタルマーケティングの方が費用効率が高いことに同意します。

もちろん、これらのコストは、リソースが限られている中小企業にとって重要な懸念事項です。 さらに節約できることに加えて、デジタルマーケティングは新しい販売と消費者を生み出します。

4.インターネットを介してリアルタイムで顧客にサービスを提供できます

デジタルマーケティングにより、SME企業は消費者にリアルタイムで直接対応できます。 これは販売に大きな影響を与えます。

中小企業はリアルタイムで顧客サービスの恩恵を受け、その結果、売上が増加し、消費者に満足を与え、顧客ロイヤルティを維持します。

5.モバイルユーザーにリーチする

実際、インドネシアのモバイル(スマートフォン)ユーザーの数は現在非常に大きな成長を遂げています。 もちろん、モバイルトラフィックには起業家の利益を増やす可能性があります。

自動車ユーザーはほとんど常にスマートフォンを使用しています。 これは、買い物や情報の検索での行動に影響します。

6. ROIが高くなる

多くのレポートは、デジタルマーケティングは従来のマーケティングよりも優れた投資収益率(ROI)を持ち、さらにテレマーケティングよりも優れていると述べています。

7.ビジネス競争における地位の維持

さまざまなブランドとのビジネス上の競争は、デジタルマーケティングキャンペーンと競合するときに見られます。

そして、今日では、ビジネスの人々がさまざまなデジタルマーケティングチャネルを活用してPPC広告やソーシャルメディアなどのプロモーションを行っている今日、それを見つけるのはとても簡単です。

8.収益を増やす

オンライン取引の傾向の高まりは、中小企業の起業家の収入を増やすことが証明されています。 消費者がビジネスを信じるとき、彼らはより多くの買い物をすることができます。 確かにこれはビジネスに非常に適しています。

9.大企業と競争できる

過去に大企業との競争が無駄な行為であった場合、デジタルマーケティングの助けを借りてこれを行うことができます。

適切なデジタルマーケティング戦略があれば、SMEビジネスは大企業と提携するだけでなく、真っ向から競争することができます。

10.モノのインターネット時代に向けて中小企業を準備する

2020年までに、スマートフォン、タブレット、時計、眼鏡、靴など、オンラインエコシステムに世界中で接続されているその他の機器に至るまで、2020年までにガジェットが存在すると予測されると、多くの報告があります。 これは新しい時代、モノのインターネットの時代を形成します。

もちろん、これらの事実を見て、中小企業の経営者は黙ってはいけません。

消費者信頼感のレベルを見てください

Busines2Community.comのWebサイトで提示されたインフォグラフィックによると、オンライン消費者の信頼度は非常に高いです。 次のデータは、東南アジア地域のものです。

  • 検索エンジン:57%
  • ソーシャルメディア:53%
  • オンライン動画:52%
  • オンラインバナー:47%

これまで、検索エンジン(特にGoogle)の広告は、依然として最高の信頼性を持っています。 消費者の57%が、検索エンジンの広告チャネルに対する信頼を示しています。 オンラインソーシャルメディアとビデオ広告は、オンライン消費者から52%〜53%信頼を得ています。

また読む: デジタル時代のビジネス戦略におけるデータパワーの重要性

この情報から、インドネシアの中小企業向けのデジタルマーケティングの大きなメリットがわかります。 このデジタルマーケティングにより、中小企業の起業家は国内の大企業と競争できるだけでなく、海外市場でも多くのことを話すことができます。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here