1Cak.com〜ビジュアルコメディサイトAla 9Gag Karya Anak Bangsa

若者の間では、インターネットユーザーはミームに精通している必要があります(ミームを読む)。 インターネットの世界では、ミームは風刺の一形態であるか、サイバースペースを循環するジョークである可能性があり、通常は日常生活のトピックを取り上げます。 インターネット上のミームは、社会現象や他の出来事とミームの形を結びつけるために高度なアイデアと創造性を必要とするため、ランダムな冗談ではありません。

ミームで使用される各キャラクターには、通常、独自の特性があります。一部には、Bad Luck Brianなどの不幸に常に苦しむ人々が表示されます。また、レバイであるABGサークル、無実で無実の人々、および他のさまざまなキャラクターを表す他の人物もいます。 ミームやその他の視覚メディアを表示するオンラインサイトの1つが9Gagです。

9Gagは、2008年に香港で最初に作成され、レイチャン、クリスチャン、マルコフォン、ブライアンユー、デレクチャンといった若者たちのコラボレーションの結果です。 これまで、インターネットユーザーが簡単にアクセスして好むビジュアルコメディサイトとしての9Gagの成功は、9Gagをサポートし、前進させるために26人の投資家の関心を呼んでいます。

しかし、9gagだけがインターネットユーザーの心をつかむことに成功したわけではないことがわかりました。 インドネシアでは、多数のインターネットユーザーが実際に国の子供たちに、9Gagのコンセプトに似たコンセプトのビジュアルコメディサイトを作成するように勧めています。 元のインドネシアのビジュアルコメディサイトのスタートアップは1Cak.comです。

別の記事: スタートアップとは何ですか? インドネシアのスタートアップ企業の世界の発展はどうですか?

1Cak.comの概要

1Cak.comは、1985年5月27日、R。Aji Kalokoという名前のスラーゲン生まれの男の創造的な手から生まれました。 Ajiは設計を開始し、2012年2月17日に1cakを正式に開始しました。その時点で、1cakはドメインwww.1cuk.comで1cukの名前を保持しています。 しかし、時間が経つにつれて、アジはこの名前を聞くのが楽しくないと感じ、名前が否定的であると考える人もいました。

そのため、Ajiは2012年9月30日に1cukの名前とドメインを1cakに変更することを決定しました。最初のインドネシアのビジュアルコメディサイトの名前として最終的に確立された1cakの名前に関する特定の哲学はありません。 しかし、Aji Ramadhanは、1cakという名前を「陽気な何かのための1つの場所」と解釈しようとしました。

1cakはユーザー生成コンテンツシステムを実装します。つまり、1cakに含まれるすべてのコンテンツは、1cakユーザーによるアップロードの結果です。 1cakユーザーは#Facebookからログインし、典型的なインドネシアのユーモアをテーマにしたコメディの写真やビデオについて投稿できます。 投稿を見る他のユーザーは、娯楽的または娯楽的でないと見なされるコンテンツに対する感謝の形として投票するかしないかを決めることができます。

コメディスタートアップとして、1cakのような楽しいサイトの人気は、国内のインターネットユーザーから多くの肯定的な反応を受け取っています。 2014年2月の初めまでに証明された1Cakの月間ページビューは900万で、ユニーク訪問者は約56万人です。 バンドンに拠点を置くこのオンラインサイトは、まだ多くの改善と評価を試みています。

1cakの創設者であるAji Ramadhanは、まだGoogle Adsenseの収入源に依存しており、近い将来投資家を見つける予定はありません。 計画されているのは、Androidバージョンの1cakアプリケーションをアップグレードし、iOsプラットフォーム用に1cakアプリケーションをビルドすることです。 1Cak Androidアプリケーションのダウンロードに興味がある同僚の方は、こちらから直接ダウンロードできます。

インドネシアの創造的なユーモアサイトの1つとして、1cakは9gagスタイルを100%採用していません。 これは、映画「The Raid」の登場人物の1人であるMad Dogの存在など、インドネシアのいくつかのミームフィギュアによって証明できます。 1cakに加えて、インドネシアにはNyunyu(nyunyu.com)やMalesBanget(malesbanget.com)などのさまざまな楽しいサイトもあります。

また読む: Berry Kitchen〜スタートアップオンラインケータリングサービス事業

これは確かにインドネシアのインターネット世界、特に新しいスタートアップの発展にとって前向きな展開です。 インターネットの世界に興味を持つ次世代が、受動的なユーザーになるだけでなく、革新的な製品を作成するクリエイターになることを願っています。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here