ブロガーが古いコンテンツを再投稿する必要がある4つの理由

ブログの世界を探求する同僚にとって、コンテンツを作成するプロセスは確かに最も重要なステップの1つであり、私たちの成功を決定することができます。 しかし、時間、素材、実行しなければならないその他の活動など、いくつかの理由でコンテンツを作成することが難しい場合があります。

実際に十分な長さのコンテンツベースのブログが既にある場合、実際には他のトリック、つまり古いコンテンツを投稿または再公開することができます。

古いコンテンツを再投稿する利点

目次

  • 古いコンテンツを再投稿する利点
    • 1.コンテンツが古くなっています
    • 2.コンテンツが最初のページに入らない
    • 3.コンテンツは定期的に更新する必要があります
    • 4. Googleのアルゴリズムの活用

この場合、再投稿とは、以前に書いた古いコンテンツを更新し、投稿日を更新することです。 したがって、間接的に、コンテンツはまったく新しいコンテンツを作成することなく、新しいコンテンツに変更されます。

この取り組みで考慮しなければならないことの1つは、コンテンツのURLアドレスを変更しないことです。 コンテンツのURLを変更すると、検索エンジンに記録されたコンテンツの以前の位置を考慮せずに、間接的にコンテンツが完全に新しいと見なされるためです。

その他の記事: 毎日ブログを投稿したいですか? 次の3つの簡単な方法を試してください

特に、この古いコンテンツにすでにバックリンクが含まれている場合、もちろんリンクを失うと残念です。 古いコンテンツを再投稿する必要がある理由は次のとおりです。

1.コンテンツが古くなっています

検索エンジンに入ったコンテンツがある場合、そのコンテンツを見るが、私たちが持っているコンテンツが古いため失望しなければならない訪問者がいます。

ここで時代遅れは、投稿に含まれる情報がもはや関連していないか、更新する必要があると解釈できます。 再投稿することで、古いコンテンツの関連性を高め、訪問者を失望させないようにすることができます。

注意すべきことは、コンテンツにわずかな変更を加えただけであれば、実際に再公開する必要はないということです。 コンテンツを本当に改善したり、大量の情報を追加したりする必要がある場合に適しています。

2.コンテンツが最初のページに入らない

調査によると、検索エンジンを介して検索する人の91%は、最初のページでのみ検索結果を表示します。 残りの9%は、2番目のページで検索を続けます。

ここで、古いコンテンツが検索エンジンの最初の位置にあるが2ページ目にある場合を想像してください。 コンテンツを更新し、興味深い情報を追加してから再公開すると、もちろん、追加のソーシャルメディアの共有とコメントを取得する可能性があります。これは、コンテンツを最初のページにさらにプッシュできることを意味します。

一方、古いコンテンツのみを古いものにすると、コンテンツは時間の経過とともに沈んでいきます。

3.コンテンツは定期的に更新する必要があります

ブログのディスカッショントピックには、定期的な更新が必要な情報があります。 たとえば、ソフトウェアと#applicationsについて説明しているブログのように。 もちろん、時々、アプリケーションとソフトウェアのエクスペリエンスは、機能、情報、またはその他の点で更新されます。

この種類のコンテンツがある場合は、定期的に再公開することをお勧めします。 上記のように、古いコンテンツを見る読者がいる場合、彼らは失望せず、ブログを否定的なレビューで残します。

4. Googleのアルゴリズムの活用

近年のGoogleの最も重要な検索エンジンアルゴリズムの更新の1つは、Googleが正確なキーワードに注意を払うだけでなく、セマンティックキーワードにも注意を払う方法です。

また読む: 収益を上げるブロガーにとって予定された投稿の重要性

少し説明すると、正確なキーワードは、チャーハンのレシピについて議論する内容など、実際に同じキーワードであり、入力された正確なキーワードは「チャーハンレシピ」のみです。 現在、Googleはセマンティックキーワードにも注意を払っていますが、「チャーハンレシピ」の場合、Googleは「チャーハンの作り方」、「チャーハンの作り方」、「おいしいチャーハンのチュートリアル」など、他のキーワードを含むコンテンツも検討しています。 「など。

これで、古いコンテンツを更新することにより、セマンティックキーワードをコンテンツに追加して最大化できます。 これにより、コンテンツのランキングを上げる機会がさらに増えます。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here