企業における5つ以上のビジネス倫理原則とそのアプローチ

ビジネスの運営におけるビジネス倫理原則の適用は必須であり、企業のあらゆる側面を網羅しています。 企業での実践では、ビジネス倫理の原則は、部下から上司まで、労働者の価値、規範、行動を形成します。

企業におけるビジネス倫理の適用は、同僚、株主、顧客、地域社会との公平で健全な関係を構築します。 そして、社内のすべての関係者が、ビジネス倫理を職場の標準にする必要があります。

また読む: 10ビジネスにおける倫理

会社のビジネス倫理の原則

目次

  • 会社のビジネス倫理の原則
    • 1.自治の原則
    • 2.誠実さの原則
    • 3.正義の原則
    • 4.相互利益の原則
    • 5.ロイヤリティ原則
    • 6.道徳的完全性の原則
  • ビジネス倫理アプローチ
    • 1.功利主義的アプローチ
    • 3.個人の権利アプローチ
    • 4.正義のアプローチ

経済理論では、ビジネス慣行には倫理が必要です。 それでは、どのような倫理原則が事業活動に適用されますか? 以下は、意図されたビジネス倫理の原則の一部です。

1.自治の原則

この自律の原則は、適切な決定と行動をとる際の個人の態度と能力に関連しています。 言い換えれば、ビジネスパーソンは善良で正しい決定を下し、それらの決定に対して責任を負うことができなければなりません。

事業者は、事業運営における義務を十分に認識している場合、事業を行う際に自主性の原則を持っていると言えます。 つまり、起業家は、行われている仕事の分野、目の前の状況、その分野に適用される要求とルールを理解しています。

ビジネスアクターは、取られた決定や行動が特定の道徳的価値や規範に従っているか、それに反していること、そして彼と会社に起こりうるリスクがあることを知っている場合、自律の原則を持っているとも言われます。 自律の原則は、適用される価値観や規範に従うだけでなく、自分の中で行われていることは良いことであるという認識もあります。

2.誠実さの原則

誠実さの原則は、ビジネスを運営する上で重要な基盤となるはずです。 現代の起業家と従来の起業家の両方の最も成功した起業家は、誠実さはどんなビジネスでも成功への鍵の1つであると主張します。

正直さの原則は、起業家によって実行されることが非常に重要です。 一般に、誠実さの原則を確立せずに運営されるビジネスは長続きしません。

起業家にとって、誠実さは消費者に提供される商品の品質と価格に関連しています。 言い換えれば、高品質の製品を合理的かつ公正な価格で販売することは、起業家から消費者への誠実さの一形態です。

誠実さは、ビジネスを運営するプロセスに非常に大きな影響を与えます。 ビジネスマンが不正直/消費者を欺くと、これはset折の始まりであり、ビジネスの破壊でさえあります。 特に、今日のように競争のレベルが非常に高い現代のビジネスでは。

3.正義の原則

この場合の公正とは、ビジネスに関与するすべての当事者が、施行規則に従って同じ待遇を受ける権利を有することを意味します。 そのようにして、ビジネスに関与するすべての関係者は、直接的および間接的に、運営されるビジネスの成功に貢献しなければなりません。

この正義の原則を適切に適用することにより、ビジネスに関与するすべての関係者、内部関係と外部関係の両方が、それぞれの権利に従って平等な待遇を受けることになります。

4.相互利益の原則

この相互利益の原則は、実行される事業活動がすべての関係者に利益をもたらすことを意味します。 すべての関係者が不利益を感じないことを要求する公正の原則とは対照的に、この相互利益の原則は、事業活動の利益の観点から権利を要求します。

相互利益の原則は、主にビジネス自体の性質と目的に対応しています。 実際には、この原則は、起業家が利益を上げたいと望み、消費者が満足のいく商品やサービスを手に入れたいという良いビジネスプロセスで生じます。

5.ロイヤリティ原則

忠誠心の原則は、経営者、上司、部下の両方の労働者によって実行されるビジネスを運営するプロセスに関連しています。 忠誠心は、会社のビジョンとミッション( 「ビジョンとミッションを理解する」 )に従ってビジネスを運営する際の働き方と真剣さから理解できます。

言い換えれば、忠誠の原則の適用は、雇用主とその中の要素が個人的な問題と仕事の問題を混同してはならないことを意味します。

6.道徳的完全性の原則

ビジネスを運営するにあたり、ビジネスには道徳的誠実さの原則が必要です。 目的は、会社の良い名前を維持し、消費者から信頼される会社であり続けることです。

実際には、この原則の適用は、事業経営者、従業員を問わず、すべての関係者が企業経営者に実施する必要があります。

ビジネス倫理アプローチ

上記のビジネス倫理の原則を実行するには、アプローチが必要です。 ビジネス倫理アプローチのいくつかは次のとおりです。

1.功利主義的アプローチ

このアプローチでは、実行されるすべてのアクションは、結果の理解に基づいている必要があります。 つまり、起業家は、他の人々を危険にさらすことなく、可能な限り低いコストでコミュニティに新しい利益を提供できなければなりません。

3.個人の権利アプローチ

このアプローチでは、人が互いの行動を評価する能力に影響します。 ただし、行動が分裂を引き起こすと考えられる場合、または他の当事者の権利に反する場合は、行動を停止/回避する必要があります。

4.正義のアプローチ

このアクションでは、意思決定の資格があるすべての人が同じ立場にあり、個人とグループの両方の顧客にサービスを提供する際に公正に行動します。 このビジネス倫理アプローチは、短期と長期の両方に利益をもたらします。

また読む: 2018年にビジネスを開くためのヒント

したがって、企業内のビジネス倫理の原則とそのアプローチの簡単な説明。 うまくいけば、これは便利です。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here