事業を始めるときの6つの間違った理由、可能な限り避ける

ビジネスを持つことは確かに非常に楽しいです。 自立できることに加えて、無制限の利益はビジネスの最大の魅力です。 ビジネスから得ることができる没頭と多くの利点から、ビジネスマンになりたいと切望し、熱望する多くの人々。

実際、それらの多くは、ビジネスの世界に参入するために、会社でゼロから築かれたキャリアを辞めたがります。 本当に魅力的で目を眩ませる起業家の世界があるからです。

しかし、残念なことに、ビジネスのすべての影がビジネスの人々の期待と一致するわけではありません。 場合によっては、ビジネスの構築が適切かつ強力な理由に基づいていないため、ビジネスは実際に一部の起業家にとって複雑な問題になります。

ビジネスを行う理由や動機を過小評価することはできません。 これは、将来の出張の成功または失敗を判断できる基盤または基盤です。 それで、私たちが避けるべきビジネスを始める間違った動機や理由は何ですか? レビューの後。

その他の記事: すぐに自分のビジネスを始めなければならない6つの兆候

1.問題から脱出したい

目次

  • 1.問題から脱出したい
    • 2.コントロールが必要なため
    • 3.素晴らしい結果が欲しいから
    • 4.有名になりたいからビジネスを始める
    • 5.たくさんの自由時間を取得したい
    • 6.家族経営のため

ビジネスの世界に入るために使用される最初の間違った理由は、問題から逃げることです。 一般に、誰かがビジネスを行う理由として存在し使用される問題は、オフィスの問題です。

オフィスで問題が発生すると、ビジネスをソリューションまたはソリューションと見なす傾向があります。 さて、これがビジネスを失敗させることがあるのは、善意とクリーンから始めるのではなく、問題の出口から構築されるためです。

2.コントロールが必要なため

起業時によく発生する理由の1つは、コントロールへの欲求です。 彼らによると、ビジネスマンは彼を優れたものにし、何でもして何でもするために無制限にアクセスできます。

これは確かに、ビジネスを失敗させる理由であり、誤ったビジネス基盤です。 ビジネスリーダーになることは、最大の責任と最大のリスクを受け入れなければならないことに注意してください。

3.素晴らしい結果が欲しいから

実際に、ビジネスを始める上で素晴らしい結果を期待することには何の問題もありません。 しかし、問題は、起業家が結果にのみ焦点を当てている場合、実際にはビジネスを構築する理由または動機としてより重要なプロセスに関係なく、です。

プロセスを要求することに加えて、ビジネスには損失の実際の期待からはほど遠いリスクもあります。 これは、大きな成果を望んでいるだけでなく、ビジネスを始める際に考慮し、考慮に入れるべきものです。

4.有名になりたいからビジネスを始める

確かに、成功し、一般に知られるようになる成功したマスターがいます。 しかし、あなたはこれからビジネスを始めることにあなたの意図を基づいてはいけません。 ビジネスは、有名になりたいという理由だけでなく、リスクを管理しながら成功を受け入れる勇気がなければならないという認識に基づいている必要があります。

5.たくさんの自由時間を取得したい

多くの場合、ビジネスを開始するための基礎として使用される次の理由は、多くの空き時間を取得することです。 あなたはビジネスで自由な時間を得ることができますが、ビジネスを始める最初に覚えておくべきことはあなたがそれを手に入れられないということです。 これは、ビジネスの開始時に、ビジネスを成功させるために一生懸命働く必要があるためです。

実際、ビジネスの開始時に自由時間を得るという期待は決して得られないかもしれません。

また読む: 資本なしでビジネスを始める-それは可能ですか?

6.家族経営のため

あなたがビジネスを始めるときに避けるべき最後の理由は、家族経営のためです。 ファミリービジネスを運営することは、実際、非常に簡単に引き継ぐことができます。

世代を超えて受け継がれてきた一貫性と多様性も、管理に役立つ可能性があります。 しかし、家業があなたの魂と情熱に合わない場合、もちろんこれはあなたとあなたの家業のために多くの問題を後で作成します。

ですから、実際に家族経営を引き継いで運営する前に、あなたが家族経営をよく知ることは素晴らしいことです。 それは本当にあなたの興味と情熱に合ったビジネスですか? あなたの魂が彼に合わないなら、あなたは家族経営を経営するようにあなた自身を強制する必要はありません。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here