6収益性の高い中小企業/インドネシアの中小企業

中小企業(SME)は、わが国の経済の推進力の1つです。 実際、私がさまざまな情報メディアで読んだ情報によると、中小企業(MSME)はインドネシアの経済の「バックボーン」です。

我が国の中小企業(SME)は、GDP(国内総生産)の約60%に貢献しており、多くの地域社会に雇用機会を提供しています。 そのため、インドネシアの中小企業(中小企業)は成長を続け、起業家精神の世界が好きな人に有益なビジネスチャンスを提供します。

インドネシアのビジネス界は急速に発展しています。 しかし、育成される有望なビジネスの種類を選択するのが難しいと感じる人は少なくありません。 理由はさまざまですが、資本不足、経験不足、ビジネス知識、ビジネスマーケティング手法の理解、その他の障害のために、ビジネスを始めるのが難しい人もいます。

もちろん、これらの障害や課題はすべて、私たち自身のビジネスを構築しようとすることをやめさせません。なぜなら、すべてのビジネスには、必ず通過しなければならない独自のチャレンジがあるからです。

さて、あなた自身のビジネスを始めたい人のために、ここでいくつかの有望な中小企業を要約します。 それらのいくつかを小さな資本で実行することもできます。

1.料理分野の中小企業

目次

  • 1.料理分野の中小企業
    • 2.ファッション分野における中小企業
    • 3.教育における中小企業ビジネス
    • 4.自動車分野の中小企業
    • 5.アグリビジネスの中小企業事業
    • 6.インターネット技術分野における中小企業事業

料理ビジネスは収益性が高く、常に需要が高いビジネスの一種です。 その理由は、食物は人間の基本的なニーズであり、私たちの生活から切り離すことができないからです。 この料理ビジネスには、スナック(スナック)、飲み物、主食など、多くのカテゴリがあります。 この料理ビジネスのすべてのカテゴリ(スナック、飲み物、主食)は、どのように販売するかに応じて、非常に優れた可能性を秘めています。

成功した料理用スナック事業の一例は、デポックのルディ氏が所有するタフジェレトタイシ事業です。 フランチャイズシステムを備えたインターネットを介して販売されていたスパイシーなジェレトー豆腐ビジネスは、並外れた結果であることが判明しました。 現在、起業家はジェレトットがすでにジャボデタベク周辺に多くのパートナーを持っていることを知っています。

また、主要な食品カテゴリで非常に成功している料理ビジネスの1つは、ジョグジャカルタのBayu氏が所有するAngkringan Nasi Kucing 78ビジネスです。 このビジネスはフランチャイズシステムを提供し、オンラインメディアを通じて販売されています。現在、Angkringan Nasi Kucing 78のマネージャーは、すでにさまざまな地域で多くのパートナーを持っています。

上記の2つの料理ビジネス以外にも、あなたが取り組むことができる料理ビジネスの機会はまだたくさんあります。 他の食品事業に関する記事を読んでください。

2.ファッション分野における中小企業

料理ビジネスと同様に、ファッションビジネス(衣料品)は有望なビジネスタイプであり、多くの人々が常に求めているため、非常に可能性があります。 その理由は非常に単純であり、衣服は人間にとって二次的な必要性であり、今日の人間は衣服モデルに対して多くの欲求を持っています。

ファッションビジネスには、利用できる多くのカテゴリーがあります。 たとえば、男性用または女性用の衣類、イスラム教徒の衣類、韓国のモデルの衣類などのカテゴリです。 非常に成功しているイスラム教徒のファッションビジネスの1つは、イスラム教徒の女性向けのターゲット市場をターゲットにしているJilbab Rabbaniです。 ジルバブ・ラバニはまた、小売業者が再販業者になることで製品を販売することで利益を得る機会を提供します。

今日のファッションビジネスの興味深い点は、最小限の資本でファッションビジネスを展開できることですが、潜在的な利益は非常に魅力的です。 再販業者またはドロップシップを介して販売システムを提供しているファッションサプライヤーの数。したがって、このビジネスを開始するには比較的少ない資本を費やすだけです。

3.教育における中小企業ビジネス

教育は、国家の各世代の発展にとって重要な資本です。 間違いなく、次世代の教育に注意を払っている国は、あらゆる面で成功する国です。

教育は非常に重要であり、現在インドネシアには質の高い教育施設がまだありません。 そして、これは有望なビジネスチャンスになる可能性があり、特定の分野のスキルや専門知識を持っている人が利用できます。

実際には、教育に携わる中小企業には多くの種類があり、そのうちの1つはインドネシア最大のロボット教育機関であるRobota Robotics Schoolです。 この教育機関はまだすべてのサークルに触れていません。 しかし、ロボット教育の世界はゆっくりと確実にインドネシア社会全体に広がります。

教育セクターにおける中小企業ビジネスのもう1つの例は、英語教育機関である国際言語プログラム(ILP)です。 英語を話す能力を持つことを必要とする仕事の世界とビジネスの世界の発展は、確かにビジネスの機会になる可能性があります。

ILPはフランチャイズシステムでビジネスを提供しているため、このビジネスに興味のある人は、ゼロから始める必要なく、独自のビジネスを持つことができます。 したがって、教育におけるビジネスチャンスは確かに非常に潜在的です。

4.自動車分野の中小企業

インドネシアの自動車業界の発展は急速に成長しています。 増え続けるバイクや車を見てください。 確かに、これはそれを使用したいと考えている人々にとって有望なビジネスチャンスの1つです。 結果が収益性が高く、長期的であれば、自動車事業は大きくする必要はありません。

自動車分野で利用できるいくつかのビジネスがあります。 その中には、ガレージおよびスペアパーツサービス、オートバイ/洗車サービス、自動車機器の販売などがあります。 自動車事業には、たとえばオートバイのヘルメットの販売など、活用できる非常に多くのニッチがあります。

一部の人々にとっては、ヘルメットを販売することは通常のことです。 しかし、注意深い人にとっては、オートバイのヘルメットを販売することによってのみ大きな利益を得ることができます。

5.アグリビジネスの中小企業事業

あなたは歌Koes Plusを聞いたに違いありません「人々は私たちの土地は天国であり、棒、木、石は植物になると言います...」。 はい、私たちの国は確かに食料やその他の必需品として使用される様々な植物で有名です。 米、さまざまな野菜、さまざまな果物、その他の重要な植物から始まります。

食料と野菜の栄養の必要性は、確かに農業の農業中小企業ビジネスをインドネシアの人々が必要とし続けるでしょう。 海外への輸出も可能です。

アグリビジネスにおけるもう1つのUKMビジネスは、畜産です。 私たちが知っているように、動物性タンパク質は人間の基本的なニーズの1つであり、それが家畜ビジネスが常に必要とされる理由です。

残念なことに、家畜アグリビジネスはインドネシアで多くの成功した大富豪を生み出しましたが。 多くの若い起業家がこの分野に関与しているのは、彼らが古風で、農村コミュニティにのみ適していると考えられているからです。

6.インターネット技術分野における中小企業事業

インターネットがインドネシアの人々に多くの有益なビジネスチャンスを提供することは秘密ではありません。 すでに本物のビジネスを持っている人だけでなく、まだビジネスを持っていない人も。 ここで私が意味するのは、長期的なインターネットビジネスのために特別に構築されたインターネットビジネス、または通常ビジネススタートアップと呼ばれます。

インドネシアには、eコマース、オンラインメディア、アプリケーションなどの分野のスタートアップから、さまざまな種類のスタートアップがあります。 ユニークなビジネススタートアップの1つは、読者に新鮮で面白いコンテンツを提供するデジタルコミックSi Jukiです。

別の人気のあるインドネシアのスタートアップは、オンライン取引セキュリティを開拓したeコマースサイトのBuka Lapakです。 インドネシアで開発中の他の多くのスタートアップがまだあります。 これは、オンライン市場が将来的に非常に潜在的な市場であることを証明しています。

閉会

上記は、現在および将来の有望で収益性の高い中小企業/中小企業の一部です。

この記事では書いていない他のタイプの収益性の高いビジネスがまだ残っているかもしれません。 他のビジネスアイデアがある場合は、下のコメント欄に追加してください。 ありがとう:)

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here