スタートアップ資金調達段階の4種類の用語を理解する

#teknologiまたはスタートアップに基づく先駆的なビジネスの世界は現在開発中です。 私自身は、このビジネスの興奮が今日生まれた多くのスタートアップに現れていることを観察しました。 もちろん、スタートアップとして、スタートアップは本当にビジネスの輪をさらに動かすためにいくらかの資金を本当に必要とします。

これらの投資家からの資金援助により、スタートアップのパイオニアはデジタル製品の開発に大いに役立つでしょう。 これらの投資家自身が提供する資金調達の段階では、#startupデジタルの世界で動く人々に知っておくべき重要な用語がいくつかあります。 レビューの後。

1.ラウンド開始資金ラウンド(シードラウンド)

目次

  • 1.ラウンド開始資金ラウンド(シードラウンド)
    • 2.エンジェルインベスターズラウンド
    • 3.シリーズAラウンド
    • 4.シリーズBラウンド

投資家による初期のスタートアップ資金調達の最初の段階は、シードラウンドと呼ばれることがよくあります。 地上で発生する多くの場合、投資家によるこの最初のシードラウンド資金は、スタートアップが製品のプロトタイピングを完了するだけでなく、多くの才能あるスタッフを募集するのに十分な駐在員事務所を持つのに役立ちます。

この初期スタートアップの資金調達の主な目的は、製造される製品の可能性について調べ、開発される製品に適した潜在的なユーザーまたは市場を特定することです。

インドネシアでのシードラウンドのスタートアップ資金の平均は、5億ルピアから25億ルピアの範囲です。 取得される投資ファンドの規模は、マーケティング費用、給与、オフィスなど、スタートアップが必要とする費用に依存します。 初期の資金源については、これは通常、家族、エンジェル投資家、ベンチャーキャピタルなどの最も近い人々から来ており、初期のスタートアップ資金を提供することに焦点を当てています。

その他の記事: スタートアップが初期資金を獲得したい場合の5つの主なこと

2.エンジェルインベスターズ ラウンド

エンジェルインベスターラウンドと呼ばれることが多い、第2期のスタートアップ資金調達に進みます。 この資金調達段階の主な目標は、初期ユーザーの獲得、インプットの獲得、製品の改善です。 プロトタイプが完成した後、スタートアップは通常、最も近い人々にデモを提供するか、一般に公開することで製品をテストします。

約6か月から12か月の開発期間中、新興企業はすでに多くの主要な機能とともに製品の主要なコアを備えているはずです。 現在、投資家が投資を始めたとき、彼らの行動は一般的に彼らの製品が一般の人々やそれらを書いたメディアの注目を集めているスタートアップへの関心に基づいています。 同時に、彼の個人ブログでのPaul Grahamの説明に基づいて、この段階でエンジェル投資家のスタートアップは、存在し続けることができる追加の資金も探します。

3. シリーズAラウンド

スタートアップ製品がベータ段階に達し、一定数のユーザーを獲得する準備ができると、シリーズAスタートアップ資金調達段階が始まります。 新興企業が市場とユーザーベースを獲得できない場合、投資家は急いでより多くの資金を支払いたくありません。

この段階では、一般に、スタートアップのファウンダーは、同じ特性を持つ他の分野に製品を拡大することにより、適切なビジネスモデルを見つけます。 考慮する必要があるもう1つのことは、適切なビジネスモデルを見つけることです。

シリーズAの段階でのスタートアップの資金調達額は、スタートアップが持つ可能性と能力によって異なります。 インドネシアのシリーズAの投資家が提供する資金の平均額は、100億ルピアから330億ルピアの範囲です。 シリーズAのサプライヤは、一般的に専門知識と広範なネットワークを持つ複数の投資家から来ています。

また読む: スタートアップ投資家の関心を引き付ける5つのスマートなステップ

4.シリーズBラウンド

最後に、スタートアップの資金調達段階はシリーズBラウンドです。 通常220億ルピアから800億ルピアの範囲のスタートアップ資金は、インドネシアの地元スタートアップに吸収されることはありません。

これは、投資家からの要求に応じて利益を生み出すことができるユーザーベースを持てなかった地元のスタートアップが原因である可能性が最も高い。 Bシリーズの資金調達のこの段階では、通常、創業者の資金調達を使用して、市場拡大、ビジネスモデル、およびより広範なユーザーベースを最大限に活用します。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here