2018年に大きな進歩を遂げたインドネシアのデジタルマーケティングの発展

2018年のインドネシアでのデジタルマーケティングの発展はどうですか? これは、今日のオンラインビジネスの頭に浮かぶ疑問の1つです。

時代の発展とともに、デジタル技術もますます発展しています。 このデジタル時代には、インターネットを介して実行されるオンラインシステムをどこでも使用していることがわかります。 デジタル時代の影響を受けているのは、製品またはブランドをオンラインで使用してマーケティングすることです。

インドネシアでは、デジタルマーケティングまたはその他のデジタルマーケティングの用語が多くの人々によって広く使用されています。 デジタルマーケティングといえば、2018年にインドネシアで高い可能性を秘めたデジタルマーケティングの発展に興味がないのですか?

デジタルマーケティングの世界に参入している、またはデジタルマーケティングの世界に参入しようとしている人には、知っておくべきことがたくさんあります。 例は、現在進行中のデジタルマーケティングビジネスの開発です。 これらの開発を知ることにより、デジタルビジネスの世界に参入したときに取り残されることはありません。

インドネシア自体では、現在ほとんどすべてのプロモーション方法がデジタルマーケティングによって行われていることをご存知ですか。 これは、デジタルマーケティングの発展がインドネシアの人々、特にデジタルビジネスの世界に飛び込んだビジネス人々にとって非常に良いことを証明しています。

したがって、この機会に、2018年に開発の可能性が高くなるデジタルマーケティングの傾向について説明します。 そのために、2018年に急速に発展すると予測される潜在的なデジタルマーケティングトレンドのいくつかを検討してください。

また読む: 2017年のインドネシアのEコマースを振り返って

2018年に良い地位にあるデジタルマーケティングの開発

目次

  • 2018年に良い地位にあるデジタルマーケティングの開発
    • 1.バーチャルリアリティ
    • 2. Instagramのストーリー
    • 3.モノのインターネット(IoT)
    • 4. SEO(検索エンジン最適化)
  • インドネシアにおけるデジタルマーケティングエージェンシー開発の成功のベンチマーク
    • 1.年齢
    • 2.マーケティングコンテキストを追加する
    • 3.クライアント指向
    • 4.分析
    • 5.デジタルマーケティング戦略

1.バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティは、通常、企業が製品やブランドを宣伝するために実施するデジタルマーケティング戦略です。 プロモーションメディアとして使用されるバーチャルリアリティを通じて、会社の製品やブランドをよりスマートに提供する必要があります。 この仮想現実を使用することにより、イベント、オープンギャラリー、さらには展示会をサポートすることができます。

2. Instagramのストーリー

現在、多くの若者から高齢者が彼らのソーシャルネットワークで活動していることは、もはや一般の人々の秘密ではありません。 Instagramは、ほとんどの人が頻繁にアクセスするソーシャルメディアです。 時間の経過とともに、Instagramの機能はユーザーによって広く使用されるようになりました。 ユーザーがほとんど使用しているお気に入り機能の1つは、Insta StoryまたはInstagram Storiesです。

この場合、インドネシアでのデジタルマーケティングの発展をどんどん良くしていくために、どのようにバランスを取るかを先に考えなければならないことを知っていますか。 このInsta Stories機能を利用することにより、Insta Storiesで紹介されているビデオまたは製品写真を介してのみデジタルで宣伝できます。

3.モノのインターネット(IoT)

Internet of Thingは、企業の所有者が製品の宣伝によく使用するデジタルテクノロジーです。 このIoTテクノロジを使用すると、デジタルビジネスの担当者として多くのメリットを得ることができます。 利用できるものの1つは、モノのインターネット(IoT)によるデジタルマーケティングの開発です。

このデジタルマーケティングでは、次のものを含む、インターネットテクノロジーの多くの機能が含まれます。

  • プラットフォームで顧客がよく行う習慣の分析。
  • リアルタイムのデータ情報を顧客または顧客に直接提供します。
  • 顧客体験に影響を与えます。

4. SEO(検索エンジン最適化)

古いデジタルの世界に飛び込んだ人たちにとって、SEOはそうではないという用語に精通していたでしょう(読解: SEOを理解する )? SEOの重要な役割の存在により、今では多くのビジネスマンがGoogle検索で最初の地位を獲得します。 SEOはデジタルマーケティングの発展の一部であり、常に進歩を続けており、2018年まで継続します。 デジタルマーケティングの世界におけるSEOの役割は、その開発の歴史の中で最大のプロモーションメディアとして存在します。

これらは、2018年に重要なデジタルマーケティング開発を経験するデジタルビジネスです。

選択したデジタルマーケティング代理店の開発の成功を見つけるには、理解する必要があります。 これは、インドネシアで選択されたデジタルマーケティング代理店の開発の成功を測定する方法です。

また読む: 10以上の2018年のオンラインビジネス機会の傾向

インドネシアにおけるデジタルマーケティングエージェンシー開発の成功のベンチマーク

1.年齢

ここでの年齢は、会社の年齢だけで示されるわけではありません。 ただし、この時代はデジタル企業に所属していたチームも対象としています。 すべてのビジネスの人々は、そのデジタルプロモーションを経験豊富な手で開催したいと考えています。

この場合、デジタルエージェンシーの開発を目的とする年齢または年齢は、どれだけ長く遠い経験を持っているかにより向いています。 製品やブランドの宣伝を代理店に委託するときは、その年齢に注意を払ってください。

2.マーケティングコンテキストを追加する

マーケティングコンテキストを理解することは、デジタルテクノロジーで実施されるマーケティングプロモーションを実施する上で重要です。 ここでは、選択されたデジタルエージェンシーをより注意深く見る必要があります。 シンプルなマーケティングコンセプトでは、デジタルエージェンシーは創造性を提供するだけではありません。 ただし、製品やブランドを販売するプロセスの開発についても確認する必要がありますが、うまくいっていますか?

3.クライアント指向

デジタル代理店が実施するプロモーションの旅程を確認することに加えて、提供されるプログラムについても調査する必要があります。 通常、デジタルエージェンシーはあなたのビジネスを前進させるプログラムを提供します。 知っておく必要があるのは、デジタルエージェンシーが提供するすべてのプログラムが、プロモーションの成功に向けられていることです。

4.分析

デジタルエージェンシーで分析する機能は、その開発の成功を測定する1つの方法です。 あなたがデジタルエージェンシーからチェックする必要があるものを分析することは、それが段階を通過し、デジタルエージェンシーによって行われることになっていたことを分析したということです。

5.デジタルマーケティング戦略

インドネシアのデジタルエージェンシー開発の成功を測定する多くの方法のうち、これはあなたがとる必要があるステップです。 代理店のデジタルマーケティングビジネスの発展を見るには、プロモーションの品質を向上させるためにどのデジタル戦略が使用されているのかを尋ねる必要があります。

デジタルマーケティング代理店の開発の成功を測定する方法を知るには、知っておくべき多くのことがあります。 成長を続けるデジタルマーケティングの競合他社に遅れずについていくには、何を計算しなければならないかを知る必要があります。

上記の情報に基づいて、デジタルビジネスのデジタルマーケティングの開発について既に知っています。 デジタルビジネスを作成するとき、あなたは半分の測定値であるべきではありません。 ブランドや製品のプロモーションを管理するためにデジタルエージェンシーを選択した場合、それを監視し、確実にすることを忘れないでください。

あなたが委託するデジタルマーケティング代理店の発展を監視するには? あなたがしなければならないのは、デジタルマーケティングの開発の成功を計算するいくつかの方法を適用することです。

ClubImers.comのJefriによる記事

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here