サリージョバニー、美しい億万長者からのビジネスインスピレーション

Sally Giovanny-今日のようなオンライン時代には、誰かが億万長者、さらには億万長者になるのに役立つ多くの機会があります。 ビジネスチャンスは 、成功を見つけたい人に開かれています。 もちろん、この機会はただ見ているだけでなく、すぐに行動を起こす人に開かれています。 意志があり、ビジネスがいつでもどこからでもオンラインでビジネスを行うことができる限り、年齢と性別は問題ではありません。

オンラインビジネスの成功に成功した多くの人の1人は、サリージョバニーです。 彼女は起業家の世界で働く美しくて美しい若い女性です。 家族の経済的背景がほぼ確立されていなかったため、サリーは若い頃から起業家になることを決めました。 以下の感動的なストーリーをご覧ください。

サリージョバニーが市場でビジネスを開始

サリー・ジョバニーのキャリアの旅が今のように成功するのは簡単ではありませんでした。 当初、彼はチレボンでバティックを取引してビジネスを始めました。 彼は市場を回って商品を提供しています。 サリーは、バティックの顧客を獲得するために、ジャカルタ、バンドン、スラバヤの市場を見学しました。 サリーがビジネスを始めるのにどれほど苦労するか想像できます。 通りの暑さ、汗、ほこりは、商品を提供する旅の忠実な友人になりました。

このイスラム教徒の女性の永続性は、並外れた成功をもたらすことが判明しました。 彼が18歳の時からビジネスの世界に参入するという彼の決意は、彼をより強くしました。 現在、26歳という非常に若い年齢で、サリージョバニーはインドネシアで計算されたビジネスウーマンに変身しています。

彼がビジネス分野で他にいるのは、インドネシアのユニークさ、つまりバティックです。 高校を卒業した直後、サリーは家族の経済的負担を軽減するために起業家精神を始めることにしました。

別の記事: Dian Pelangiからムスリムファッションビジネスを学ぶ

サリー・ジョバニーの並外れた功績

この地域の典型的なバティックであるトラスミバティックに焦点を当て続けることで、それを並外れた成功に導きました。 サリー・ジョバニーは、市場で取引したときに得た利益を集めることで、ついにトラスミ・バティック・ショップを設立しました。

インドネシアでのバティック布の使用が急増したことに伴い、サリーが販売しているトルシミバティックがますます混雑しています。 また、観光地であるチレボン市の発展は、トルスミ・サリー・ジョバニーのバティック事業の発展にも大きな役割を果たしています。

当初、サリーには小さな常設店しかありませんでしたが、今では彼女の粘り強さのおかげで、1.5ヘクタールの面積を持つトラスミ・バティック卸売店に変わりました。 バティックショップはインドネシアで最大のバティックショップである可能性があります。

高校を卒業したばかりの女性からの顕著な成果。 現在、サリーは約850人以上の正社員と500人のバティック職人を雇用しています。 毎日何千人もの訪問者が店を空けることはありません。 彼が手にした売上高は、毎日1億にも達しました。

現在、トラスミ店は発展を続けており、ジャカルタ、スラバヤ、バンドン、そしてもちろんチレボン自体など、インドネシアのさまざまな主要都市に支店があります。 現在でも、トラスミのバティックショップは拡大し、オンラインビジネスの世界に広がっています。 eBatikTrusmi.comフラグにより​​、Sally Giovannyはビジネスを最大化するためにビジネスをサイバースペースに拡大し始めました。

Sally Giovannyの製品製品差別化

ビジネスマンは製品を販売するために多くのアプローチを採用しています。 そのため、Sally Giovannyは製品を販売する際に、品質ではなく低価格よりも少し高い価格で品質を優先することを好みます。

製品の品質のために不満を言うよりも、価格のために不満を言う方が好きです、Sally Giovanny

良質を優先する戦略を選択することで、ビジネスの人々が価格競争にとらわれないようにすることができます。 Truly batik製品とSally Giovannyの差別化を伴うビジネス手法アプローチは非常に適切です。 バティックは私たちの国で非常に活況を呈しているため、多くのバティックハンターが中流階級から上流階級にいるので、なぜそれが正しいのですか? もちろん、中流階級から下層階級も過小評価することはできません。

また読む: インドネシアで今最も裕福な人々のリスト

製品の差別化により、消費者は自分のポケットに合ったバティックを自分で選択できます。 さらに、バティック生地自体の高価格はより高級なものになります。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here