情報技術:定義、機能、コンポーネント、目的

情報技術とは何ですか? 一般に、 情報技術理解は 、コンピューターベースの情報システム、特にハードウェア(ハードウェア)およびソフトウェア(ソフトウェア)の設計、実装、開発、サポート、または管理の研究です。

言い換えれば、情報技術とはハードウェアとソフトウェアで構成されるさまざまな施設であり、一般の人々の情報の品質を迅速かつ高品質でサポートおよび改善するものです。

ウィキペディアによると、言語での情報技術(IT)の理解は、情報の変更、支援、通信、保存、および普及に役立つ人間の生活のあらゆる技術分野の用語です。

情報技術は、電子を介したコミュニケーションツール(コミュニケーションの理解)として重要であるだけでなく、重要なドキュメントを調整およびアーカイブする手段としてビジネスで所有されるべき重要なデバイスです。

また読む: オンラインメディアを理解する

専門家による情報技術の理解

コンピューターサイエンスとテクノロジーの分野の専門家の中には、次のような情報テクノロジーの定義について説明しているものもあります。

1.マク・ケウォン

Mc Keownによると、 情報技術の理解は、あらゆる形態の情報を作成、変更、保存、使用するために使用されるあらゆる形態の技術です。

2.ハーグとキーン

HaagとKeenによると、情報技術の概念は、情報を操作し、情報処理に関連するタスクを実行するのに役立つツールのセットです。

3.マーティン

Martin氏によると、ITは情報の処理と保存に使用されるハードウェアとソフトウェアだけでなく、情報を送信する通信技術も含まれます。

4.ルーカス

ルーカスによると、情報技術の理解は、電子形式で情報を処理および送信するために適用されるすべての形式の技術です。

5.ウィリアムズとソーヤー

ウィリアムズとソーヤーによると、情報技術の理解は、データ、音声、ビデオを伝送できる高速通信回線とコンピューターを組み合わせた技術です。

6.アメリカ情報技術協会(ITAA)

ITAAによると、情報技術の定義は、電気通信とコンピューティングの組み合わせに基づいて、マイクロエレクトロニクスを介して絵、音声、テキスト、数値の情報を処理、保存、普及するプロセスです。

また読む: ブレインウェアを理解する

情報技術機能

一般に、人間向けのITには次の6つの機能があります。

1. キャプチャ

ITは、さまざまな活動の詳細な記録を編集できます。 たとえば、キーボード、スキャナー、マイクなどからの入力を受け入れます。

2. 処理

ITは受信した入力データを処理/処理して、新しい情報に変換できます。 このデータ処理は、さまざまな形式の情報とデータの組み合わせへの変換、分析、計算の形式にすることができます。

3. 生成

ITは、情報を有用な形式で作成または整理します。 たとえば、グラフ、表、計算など。

4. 保管(ストレージ)

ITは情報とデータをメディアに記録し、それを他の目的に使用できます。 たとえば、データはディスクドライブ、CD、およびハードドライブに保存されます。

5.振り返る(検索)

IT部門は、すでに保存されている情報とデータを検索して追跡することができます。 たとえば、支払いを行っていないクライアントデータを探す

6.トランスミッションとして( Transmission)

ITは、コンピューターネットワークを利用して、ある場所から別の場所にデータと情報を送信できます。 たとえば、異なる場所にある他のチームに販売データを送信します。

また読む: ソフトウェアについて

情報技術コンポーネント

情報技術活動には、5つの主要なコンポーネントがあります。

1. ハードウェア

ハードウェア(ハードウェアを理解するを参照)これは、オペレーターまたはブレインウェアが使用するコンピューターデバイスです。 ハードウェアの構成:

  • プロセッサー
  • メモリーカード
  • 周辺機器(入力および出力デバイス)
  • データケーブル

2. ソフトウェア

ソフトウェアは、ハードウェアとブレインウェア(オペレーター)を橋渡しするメディアです。 このソフトウェアは、オペレーターからのさまざまな指示を翻訳することにより、ハーウェア機能の最適化に役立ちます。

ソフトウェアは、次の2つに分けることができます。

A.システムソフトウェア

ソフトウェアシステムまたはオペレーティングシステム(OS)に精通している。 OSを使用すると、ハードウェアはユーザーまたはオペレーターが使用するアプリケーションソフトウェアを実行できます。

一般的なOSには次のものがあります。

  • Linux
  • Unix

B.アプリケーションソフトウェア

これは、コンピューターのパフォーマンスを最大化するためにOS上にあるサポートアプリケーションです。 非常に人気のあるソフトウェアアプリケーションには次のものがあります。

  • Microsoft Office
  • フォトショップ
  • CorelDraw
  • AutoCad

3.インフォウェア

これは、情報またはデータのドキュメントです。

4.ファイアウェア

これは永続的なストレージメディアです。 その機能は、コンピューター上のさまざまなデータを格納する場所としてです。

5.ブレインウェア(ユーザー)

ブレインウェアは 、情報技術の最も重要なコンポーネントです。 Brainwareがなければ、コンピューターの機能は実際にはユーザーのニーズをサポートするツールであるため、コンピューターは動作できません。

また読む: VPNについて

情報技術の目標

一般に、ITには次の3つの主な目的があります。

  • 人間が問題を解決するのを助けるために
  • サポートとオープンな創造性
  • 作業を完了する際の有効性と効率を高める

ビジネスにおける情報技術の役割

上記の説明に基づいて、直接または間接的に情報技術は、ビジネスまたは企業の継続性に重要な役割を果たします。

1.コミュニケーションを促進する

電子メールは、コミュニケーションツールとして親しまれている情報技術の一形態です。 ビジネスでの電子メールは、従業員、サプライヤー、顧客間のコミュニケーション手段として使用されます。

簡単に使用できるため、通信の点でEメールはファクシミリよりも効率的かつ効果的になります。 時間が経つにつれて、「チャット」という用語は、電子メールよりも高速なコミュニケーションツールとして表示されます。

2.データ管理

情報技術の以前の理解では、ドキュメントアーカイブの利点の1つが言及されました。 会社のデータベースを使用すると、ファイルキャビネットに必要なドキュメントのコレクションはもうありません。

今日のプロのビジネスでは、すべてのドキュメントのアーカイブはストレージデバイスを介してデジタルで行われます。

3.経営情報システム

情報技術は、このツールが販売、コスト、および企業の生産性データを追跡する役割を果たす企業管理情報システムをサポートします。

この情報を通じて、長期にわたる収益性の追跡、改善が必要な領域の特定、および投資収益率の最大化に使用できます。

4.顧客関係管理(CRM)

最新の情報技術を適用するビジネスは、顧客関係の設計と管理に役立ちます。 CRMは、会社と顧客間のすべてのやり取りをキャプチャできるため、いつでも顧客データが必要な場合に、データが適切に記録されます。

さらに、CRMは、会社からの迅速なサービスで顧客満足度を最大化することもできます。

5.ビジネスは24時間アクティブにできます

情報技術の存在により、ビジネスは24時間稼働できます。 この場合、運営するビジネスはスペースと時間に制限されません。

製品の注文は、競争に関連して24時間行うことができます。 提供するサービスが簡単であればあるほど、ビジネスが広く知られるようになります。

6. e-ビジネスの機会の出現

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here