親のために小学校の教師になることを余儀なくされたが、私はラッキーだ

教師であること、「間違った住所」、親の強制、または単に友達をフォローすることもありますが、一部は子供時代の理想です。 あなたが小学校にいたとき、あなたの目標は何かを尋ねられたとき、確かにそれらの1つは教師になることです。

しかし、私たちが年をとるにつれて、私自身も含めて教師になることはほとんど考えられません。 生徒のより複雑な問題に常に苦しんでいる小学校の先生は、確かに学習プロセスで非常に消耗しますが、私はまだ小学校の先生になることを決心しています。

小学校の教師になりたいと思う人は少なくありません。教師になることは素材の面で利益を生まない仕事であるため、教師になることを選択することを恐れます。彼らは教師として仕事を選びます。

しかし、私たちは狭い範囲の教師であると判断しているので、これらはすべて小さな問題です。一方、小学校の教師には多くの利点があります。

また読む: 教授 ヨハネス・スーリヤ博士「私に一番愚かな子を見つけてください」

1.学生の模範になる

目次

  • 1.学生の模範になる
  • 2.コミュニケーションスキルの練習
    • 3.忍耐の練習
  • 4.知識を追加する
  • 5.多くの関係を持つ
  • 6.より活気のある雰囲気
  • それから、なぜ私は小学校の先生になったのですか?
    • 1.他の人を助ける手段
    • 2.知識を共有したい
    • 3.国家を築きたい

あなたが教師になると、あなたはあなたの生徒にとってプリマドンナのようになります。教師は、すべてのこと、知識の源、そして愛に満ちたものを常に知っている誰かと見なされます。 教師は彼の知性と賢明な振る舞いのためにエミュレートされるモデルです。

したがって、教師として、私たちは専門家であり、良い例を挙げ、知識を拡大して、教師が知識の貯蔵庫であるという肯定的なスティグマが維持されるようにしなければなりません。

2.コミュニケーションスキルの練習

教師になるには、クラスの生徒と常にコミュニケーションを取る必要があります。 頻繁なコミュニケーションにより、コミュニケーションスキルを直接練習します。

このコミュニケーションスキルは、教えるときに使用できるだけでなく、他の分野、例えば教育または非教育フォーラム、スピーチで使用でき、イベントでの教育に関する講演者またはリソースパーソンになることもできます。

3.忍耐の練習

教師として働く人は、常にさまざまな特性と異なる子供の行動に出会わなければなりません。 友人の邪魔をしたり、先生が教えている間に教室から出たりするような、活動過剰な人もいます。

教師としての私たちは、子どもたちの行動を大声で叫んだり、beatったりしてはなりませんが、微妙かつ建設的な文章でmust責しなければなりません。

4.知識を追加する

技術の進歩とグローバル化の影響により、学生は批判的になり知識を深めることができます。これにより、教師は学習を続け、知識を増やし、質問に答えたり、学生の発達を支援したりすることが容易になります。

5.多くの関係を持つ

教師と生徒の関係に加えて、教師は生徒の両親とも関係があります。 教師と保護者の関係は、生徒の成長のための教育の関係に限定されるだけでなく、教師と保護者の関係は学校の外で確立され、教師と保護者の関係を形成します。

6.より活気のある雰囲気

教師になるということは、ワークスペースのコンピューター画面をじっと見つめて座っているだけでなく、教師であるということは、相互作用、相互理解、感覚である教師と生徒の典型的な雰囲気にさらされる仕事であることを意味します責任。 生徒が私たちが伝えている資料を理解すると、幸福と喜びが生まれます。

それから、なぜ私は小学校の先生になったのですか?

1.他の人を助ける手段

誰かにとって最も価値のある形の援助は何か知っていますか? お金や物ではなく、知識、スキル、経験です。 教師になることで、知識、スキル、経験を与えることで、誰かがより良い生活を送るのを助けることができます。

2.知識を共有したい

小学校、中学校、高校から大学まで、知識を得ることができますが、他の人と知識を共有することは考えられませんか? 教師になることで、小さい頃から得た知識を共有できます。

3.国家を築きたい

教師は国民の生活を進める上で最も重要な基盤になります、なぜですか? 教師がいないと、教育と教育の役割が適切に実施されないため、人的資源の出力となる教育が適切に機能せず、その結果、国の人的資源は時代のニーズや要求を満たすことができなくなります。

Bartolomius Martalius Efan @bartomefanが投稿した記事

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here