魅力的なビジネスロゴとブランドを作るためのヒント

ビジネスのロゴとブランドは、大企業だけでなく、中小企業でも重要な懸念事項の1つです。 ロゴは彼らが持っているビジネスを象徴することができるので、これは起業家によって行われますが、ブランドは生産された製品のアイデンティティです。

#McDonald's fast food businessなど、世界中のロゴやブランドの例を見ることができます。 このファーストフード事業の名前は、もちろん私たちの日常生活ですでに非常によく知られていますよね。 この会社のロゴは非常にシンプルで、赤い四角の中に大きな黄色の文字「M」だけがあります。

数年前、マクドナルドの創設者がロゴの特許を取得していなかったのを想像できます。シンボルMがシンプルに見えても、人々は何も考えないでしょう。 しかし、今ではビジネスが非常に大きく成長しているため、ロゴは「シンボル」のようになっており、「おなかがすいていて、ファーストフードが必要な場合、ここがその場所です」。

そして、ここでは、構築中のビジネスのロゴとビジネスブランドを作成する前に考慮できるいくつかのヒントを紹介します。 幸せな読書とうまくいけば役に立つ。

その他の記事:

  • ブログのロゴを作成する方法
  • スタートアップとは

ロゴとブランドはシンプルで覚えやすいものでなければなりません

初心者の起業家にとって、ロゴとブランドは非常に重要なことの1つです。 初心者は、彼の努力がさらに大きくなることを想像する必要があります。そのためには、並外れたロゴ、または少なくとも後であなたのビジネスの名前を表すことができるロゴと名前も必要です。 しかし、特別なことは、非常に複雑なロゴとブランドを作成する必要があることを意味しません。 シンプルだが覚えやすいロゴとビジネス名を作成します。

どうやってやるの? 特に、ロゴやブランドを作る際に創造的に考えるのが難しいと感じる初心者には、多くの方法があります。 それらの1つは参照を探しています。 このリファレンスはどこからでも入手でき、雑誌、テレビ、インターネットからも入手できます。また、存在するロゴやビジネスブランドを見ながらモール内を移動することによっても行うことができます。

詳細については、世界的に有名なブランドのロゴをご覧ください。こちらをご覧ください。 ただし、作成したロゴの類似部分に注意してください。 その理由は、ロゴがすでに人気のあるロゴとあまりにも似ている場合、元のロゴの所有者が苦情を言うと大きな問題になる可能性があるためです。 だから注意してください。

開始するには、すでに非常によく知られているブランドから小さなロゴを採用することによって実際に行うことができます。 著者は、インドネシアのネイティブビジネスマンを見て、人気のあるビジネスロゴを彼自身のユニークなロゴに変えることに非常に成功していると感じています。 これは、彼が最初にビジネスを始めたときにインドネシアの有名な起業家の一人によって行われました。 彼はランガウマラです。 はい、Rangga Umaraはインドネシアのビジネスマンで、「Lele Lela」と呼ばれる非常に有名な製品を持っています。

Rangga Umaraは何をしましたか? 彼はすでに非常に世界的なスターバックスコーヒーのロゴを採用することにより、製品のロゴを作成しました。 それを見る誰もが、最初のレラ・レラのロゴがスターバックスのコーヒーのロゴに非常に似ているので、覚えやすいのは間違いないでしょう。 これはまた、最終的に製品を購入することを決定するまで、人々の好奇心をそそります。

Rangga Umaraは本の中で、このロゴを使用する目的は覚えやすく、彼のビジネスがスターバックスコーヒーのようにグローバルに展開できることを願っていることを明らかにしました。 さらに、レレ・レラが使用した名前も、彼女自身の考えの結果です。 使用される「Lela」という名前は誰の名前でもありません。RanggaUmaraは、Lele Lelaという名前が非常に似ていると言っているように感じます。

これは、レレ・レラが使用した名前が人々にとって本当に覚えやすいために証明されています。 しかし、最新のニュースによると、ビジネスオーナーは自分のロゴの独創性につまずいたため、ビジネスオーナーのロゴも変更したという。 これは、ビジネスロゴを作成するときに注意する必要があることを証明しています。

ロゴとブランドには哲学が含まれるべき

哲学を含むロゴやビジネスブランドを作る人はまれではありません。 たとえば、祈りも含むビジネスをブランド化します。 または、何かを説明する適切なロゴは、それを見る人々がロゴに含まれる意味を理解できるようにします。 たとえば、アイスクリームビジネスを開きます。 アイスクリームの画像に興味深いユニークな装飾を追加して表示しても問題はありません。そのため、特定のブランドのロゴがアイスクリームのビジネスであることを人々は知っています。

ブランド名を考え出し、ロゴのコンセプトも考えた後、時々起こる障害は、ロゴデザインを本当に完璧なロゴにし、コンセプトに従って作ることです。 自分で作成できない場合は、概念化されたロゴを視覚化するために、友人や各分野の専門家である人々に助けを求めることで実行できます。 特に非常に複雑であると考えられているロゴの概念の場合は、独自のロゴを作成することを強制しないでください。

ロゴやビジネスブランドを作成する際には、上記のヒントの一部を考慮して、ビジネスが強力なアイデンティティを持つようにする必要があります。 ただし、提供される製品がロゴやブランドほど特別なものではない場合、ロゴや特別なブランドは無駄になるため、製品やサービスの品質に注意を払う努力において。

ビジネスやウェブサイトのロゴに独自のロゴを作成したいが、PhotosopやCorelDrawを使用できない場合は、 Logasterのウェブサイトを使用してみてください このWebサイトは、実用的な方法でクールなロゴを作成するのに役立ちます。

次のインフォグラフィックもご覧ください。

以下は、会社のロゴを作成するデザイナーのユニークなビデオです。

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here